3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

地産地消⇒地産地商への転換2019.11.19

町田市・東京都・日本

 地元で取れた新鮮な作物をできるだけ地元で消費しようという発想から作られたのが、「地産地消」の言葉です。生産者の顔が見えるものを、できるだけ食べるという側面もあります。

 町田市には、私がこれまでに紹介してきたように、酪農家から牛乳を集めて生乳を製造・販売する「東京ミルク工房ピュア」があり、また、メロンを水耕栽培で生産する「町田シルクメロン」があります。他方で、地元の玉川大学には、学内キャンパスに農場や植物工場を持つ優れた農業生産施設があります。さらに、町田市にはそれらを豊かな食材とできる町田市調理師専門学校があって、若い料理人を毎年育て、輩出しています。

 そうした幅広い見地に立つならば、町田市は「地産地消」という旧来の狭い考えから解放され、地元産品を地元業者が流通に介在して、「全国に販売する」=「地産地商」という発想に転換し、農業をとらえ返す状況に直面していると考えています。

全て玉川大学農学部園芸班が育てた作物

#地産地消 #生産者 #地産地商 #東京ミルク工房ピュア #町田シルクメロン #玉川大学 #農学部 #植物工場 #町田市議会議員 #吉田つとむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました