3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

都政と県政の相違(見放された町田市)2020.2.26

未分類

 先日(2020.2.18-20)の日程で、青森県八戸市、福島県白河市(20日)を視察で訪れました。一部に報告書を書いたものがありますが、改めて、白河市でたまたま聞いた話ですが、福島県県南地方振興局と言う県の機関が白河市(白川地方)のために、就活支援でパンフレットを作成していました。

 東京都では町田市(人口43万人)のためにこの種の地域を特定した出版物を見たことがありません。福島県の方が地域ごとにその経済、人材育成などに関して努力をしている姿が目立っています。東京都の場合、臨海部、都心、あるいは多摩地域では立川市を中心としてエリアの事業が目立ち、町田市に注力した事業や施策は見当たりません。

 東京都の機関等で、町田市にあるものは東京都主税局町田都税支所 、東京都建設局南多摩東部事務所がある程度でしか見当たりません。町田市に目立った都政は、税金を集める機関があるだけであり、結論的には町田市に住民サービスに役立つ東京都の機関は無いと言っても過言ではありません。

 さて、就活支援でパンフレットの内容ですが、タイトルは、「しらかわ地方で自分に合った仕事と暮らしをはじめよう」というもので、地域の環境の良さ、職業の将来展望を記していると同時に、自治体内の特定企業をピックアップして、詳細な紹介(1企業で2ページ分)を、当該企業の先輩社員が実名で登場して、それぞれにPRするスタイルです。地元就職を進める話、Uターン、Iターンの薦めが掲載されています。リアルな形で地元企業のPR役を務めていました。

 東京都に、それぞれの地域(私たちの町田市)が地域に即した発展ができるように、都政の転換をさせないといけません。それが、私の役割と思っています。 #福島県白河市,#視察,#福島県県南地方振興局,#白川地方,#就活支援,#パンフレット,#町田市議会議員,#吉田つとむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました