3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

一昨日、施政方針・議案提案、昨日は議案説明、片やコロナウイルス2020.2.29

市政の動向と議会発言・態度・視察
町田市議会HPの議会中継オンデマンド録画映像をカメラ撮影

 前週の週末を挟んで、議会の議長・副議長、そして議会運営委員会委員長の人事が終えました。次いで、一昨日は市長の施政方針・副市長が議案の提案理由説明がありました。ごく一部に即決する議案があって、全可決で終えました。*私が、一人反対した議案は、この日のものではなく、定例会初日の即決審議、採決で「プロサッカーチームにタダで土地を貸す議案」でした。経緯は、次に現しました。
 プロサッカーチームにタダで土地を貸す議案に反対2020.2.21沈黙は金

 そして、昨日は、各部長による議案説明が終日行われました。この間、行政では、コロナウイルス対策に関する町田市の方針が協議されています。その結果は、市のHPに随時アップされ、議会に資料が提供されますが、我々一般議員は間接的に知ります。

 正直に言って、この間は、この コロナウイルス対策に関心が深く、先の市長の市政方針・副市長が行う議案の提案理由説明には、ピンとこないものでした。
 とは言え、議会は当初に決めた日程通り、ロングランの会期になり、延々としたものです。ただし、これは議会側に理由があるのでなく、町田市の行政が答弁書を書くのにすこぶる時間を要しているためです。我々の立場から見れば、ルールに従って、質問項目とその理由を簡素に記した内容をいち早く提出するのですが、その後、質問日までが長すぎ、何故か不思議です。つまり、私の質問には適当な答弁でお茶を濁す様子から、特にその経緯がわからないと記しておきましょう。

 さて、町田市の動向は、昨晩、自分のフェイスブック記事に書きました。また、高校生が休校で休みになることも、本人たちから聞いたことを記しました。そこでは、私立高校の動向を記していませんが、まだ、情報不足です。また、学習塾にも、文科省が自粛を求めたと報道されていますが、当事者(の小学生)も良く状況をつかんでいない感じでした。 今日にも、それぞれの塾の方針が決まるのでしょう。  そうなると、家庭教師はどうなるか、どうするか、あえて、親はこの時ばかりと子どもの勉強のチャンスと考えるのではないでしょうか。
 「世の中、人を出す抜く行為を控えていては、すっかり取り残される」これは、お金持ちの方々のテーゼであるでしょう。「貧する人はさらに取り残される」これは、ユートピアにも残り続ける憲章かもしれません。#市長の施政方針,#議案の提案理由説明,#議案説明,#一般議員,#休校,#人を出す抜く行為,#ユートピア,#町田市議会議員,#吉田つとむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました