3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

町田市内で発生したコロナウイルス発症者の感染経路とその間の行動は非公開2020.3.19

市政の動向と議会発言・態度・視察
自宅前の公園を撮影

 昨日の本会議において、町田市内のコロナウイルス感染患者の感染経路を問う質疑がありました。

 保健所長の返答:個人情報の観点から答えない。
         発生に関しては、万全の対策を取っているという趣旨であった。
         市民の手洗いなどの重要性を指摘していました。
 広報担当部長 :東京都の方針で詳細を発表しないことにしている。

→私は次のように、大いに疑問に思いました。
 今回の発生施設場所(の事業者である町田市農協が、当該職員にコロナウイルス感染者が発生して、町田保健所が消毒を指導して実施、施設の一時的な閉鎖を発表)は、私はその発生施設場所の近隣地区に居住している点からも、あるいはその施設の他の営業所(別に支店)に行き来する上から、大きな関心を持っていました。

 発生場所、近隣居住者、関連エリアなどに新たな感染者がでた場合、「町田市」はどうするのだろう。感染経路を発表しようとしないとした状況下、関連の中で新たな感染者が出る可能性に関して、新たなコロナウイルス発症者に対して、「町田市」が全面的に無限に責任を負わざるを得ないものと考えます。
 なお、別の質疑に答えて、町田市は保有していたマスクを、幼稚園・保育所に各1万枚、障がい者施設に3千枚(or、2千枚)、医師会に3千枚配布したと述べています。

 翻って、東京都は都民・住民の健康安全な生活の維持より、オリンピック開催をまじかに控えたことで、その予定通りの実施を至上命題にして、コロナウイルス感染者数を極力低めにカウントする点に重点を置き、面目優先の政治姿勢となっていることがうかがえます。

#町田市内,#コロナウイルス発症者,#感染経路,#オリンピック開催,#コロナウイルス感染患者, #町田保健所,#幼稚園・保育所,#町田市議会議員,#吉田つとむ,

コメント

タイトルとURLをコピーしました