3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

コロナ急増の東京、議会日程等2020.3.25

市政の動向と議会発言・態度・視察
インターン生と一緒にマスク

 オリンピックの中止、あるいは延期が決まれば、東京都のコロナウイルス感染者が急増するだろうと予想する専門家、あるいは私も急増の東京都になる予測をしていました。それは新感者が増えるというより、東京都は意図的に感染測定をサボタージュしてきたことは前にも別の言葉を使って述べたことでです。本日だけで、41人の感染者が明らかになったと言います。*感染の認定に多くのハードルを設けて、数字に表れる感染者数が増えないように細工をしていたと見ることができます。また、東京都は感染者が出ても、市区町村名を出さないようにさせており、町田市もそれに従っています。町田市で発生した感染ではそれを発表したのは事業者のJAでした。行政はそれを追認したのみです。今後も、町田市が主体的に発表する見地を持っていません。東京都内の全部か、大半は町田市と同じでしょう。感染者が潜伏した状態、あるいは濃厚接触状態の人が移動を続けている状態になることで、東京都の歯止めは効きようがないと言えましょう。

 ここにきて、小池都知事が強いメッセージを出していますが、あの時期に東京マラソンを開催を強行したことは大きな反省点でした。*唯一の戦果は、大迫選手が国内選手では圧倒的なタイムを出したことのみでした。

 さて、本日の町田市議会は、変則的に4つの常任委員会が同時開催されました。明日まで2日間の日程が組まれており、建設常任委員会は午後6時前に今日の会議分を終え、明日はその残りの部分の行います。他の委員会も大半が、あるいは全部が明日までの2日間の審議になったのではないでしょうか。

#オリンピックの中止、あるいは延期,#コロナウイルス感染者,#サボタージュ,#市区町村名,#濃厚接触状態の人,#小池都知事,#強いメッセージ,#建設常任委員会,#町田市議会議員,#吉田つとむ,

コメント

タイトルとURLをコピーしました