3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

定例会最終日、大きなポイント(1)2020.3.30

市政の動向と議会発言・態度・視察
国際?工芸美術館の建設予定地、後方は国際版画美術館

 今期は第1定例会ですが、本日はその最終日でした。一般質問を後半に、質疑を前半に置く予定をしていましたが、行政の執行状況に配慮し、一般質問を全面的に取りやめ、質疑と委員会審査を後半に置く日程に変わりました。最終日は変わらずで、結果的に、委員会審査と日を置かず、本会議表決を迎える日程になりました。

 大きな異変は、最終日の予算採決(多数可決)後、「(仮称)国際工芸美術館の必要性及び効果性に付帯意見をつけ、・・・予算執行を凍結する事」と言う動議1件と、関係する別の動議が1件が出ました。

 この話は、なぜ、これまで常任委員会の中で、付帯意見として提起されなかったのか、もっと言えば、予算修正案として提起されなかったのはなぜかと、提案者に質疑で問いました。私は建設常任委員会に所属し、そこで賛否の立場は別として、行政に充分な質疑が行われ、答弁もあったと思っているし、(当該の)予算案の討論も漏らさず行われている。他の委員会でも、3日間もかけて議案を審議した例もあり、議論が尽くされているはずではないかと言う趣旨を述べました。

 その後、他に質疑者はありませんでした、そこで、私からの討論の必要性は無いと思いましたし、他にも討論が無く、採決に移りました。結果は、17×18でこの付帯決議案は否決となりました。

 以下、詳細は必要に応じて記載します。 #最終日,#一般質問,#建設常任委員会,#執行状況,#予算修正案 ,# (仮称)国際工芸美術館,#付帯決議案 ,#町田市議会議員,#吉田つとむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました