3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

議員報酬額のウィキ記載と適切な訂正2020.5.16

市政の動向と議会発言・態度・視察
この時期の議会で、町田市議会は報酬額(年間支給額額)を引き下げを議会が自主的に決定、翌年より施行し、現在に至る

 ウィキペディア(英: Wikipedia)に記載されている町田市に関する記事中に、議員報酬額が適正でない、間違っているという当事者の話がありました。結果は、その正しい数値に訂正されており、一つの経緯を生みました。

 まず、ウィキペディア(英: Wikipedia)というのは、その説明記事で、ウィキメディア財団が運営している多言語インターネット百科事典である。コピーレフトなライセンスのもと、サイトにアクセス可能な誰もが無料で自由に編集に参加できる。世界の各言語で展開されている。ちなみに、303言語とも書かれています。私も、辞書代わりに利用することがあり、記事の著作権がフリーであることが何よりです。ただし、このウィキペディアを支えているのは、利用者以外になく、使用する人が投げ銭的に対応するか、定期的に募金することで成り立っているサイトです。私は、このウィキペディアに特定固有名詞の独立記事が掲載されておらず、自身がその域に達していないか、相手にされていないということになります。

 さて、今回の話題ですが、ウィキペディアに自治体名の記事として、町田市が掲載されており、それとは別に、「町田市議会」の項目があります。

 前置きですが、市議会は町田市役所の3階(本会議場・議会事務局)と4階(傍聴席)にある。これは、正しくは、町田市庁舎の3-4階にあると記載されるべきものです。私は市議会の発言で、ずっとこの点を指摘し、ようやく、庁舎移転建設時にそのことが表示されました。詳細は、別の機会に述べます。

 さて、「町田市議会」の記事中に、「議員報酬と諸手当」の項目があり、以下の記述があります。
 議員 月額55万円 期末手当323万4000円 政務活動費月額6万円 合計支給額年間 1055万4000円となっています。
 政務活動費が合算記載されていることがいかなる問題点があるかどうかは、これまた別の機会にゆずりましょう。とりあえず、その政務活動費の年額72万円を引くと、983万4000円となります。直前までは、その計算数値が1000万円を超す金額になっていたのですが、良く見るとこの数字は直近で変更されていました。私が行ったわけではないのは言うまでもありません。

 さて、毎年6月に発行される、「住民税課税決定通知書」の記載事項や、他の一般資料からわかることですが、町田市議会議員の議員報酬(期末手当を含む)年額で、983万4000円が現在の支給額です。私はこの種のことには詳しいのですが、これは、平成25年 9月定例会(第3回)において、議員提出議案第27号 町田市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を賛成多数で可決したことによって、2014年4月1日施行を議会が自主的に期末手当の額を削減したことをその後も一切アップせず、今に至っていることによるものです。近隣、あるいは全国の同等規模都市議会では、最低位報酬額クラスに位置しています。*他方で、職員は東京23区部に準じて、全国で上位クラスになっています。ウィキペディアはそのことを知らなかったか、あるいは記載漏れがあった、あるいはそれらとは全く違った理由で、町田市議会議員の議員報酬額(期末手当を含む)を見間違っていたものでしょう。#議員報酬額,#議員提出議案第27号,#最低位報酬額,#クラス同等規模都市議会,#ウィキペディア,#期末手当,#住民税課税決定通知書,#町田市議議員,#吉田つとむ,#正しい数値

吉田つとむ HP

町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました