3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

ポストを満杯にさせた特定定額給付金2020.6.5

市政の動向と議会発言・態度・視察

 最寄りのポストが満杯になっていました。どうしたことだろうと思うと、それは「特定定額給付金」の申込書を入れた封筒がたくさん入っていることが容易に推測できました。人の動きを見ていると失礼かなと思ったのですが、人がポストの口を手探りしていました。それも瞬間的な動作で無く、何度も手探りをされていました。私は、それはポストの中が一杯になっているのかなと思うところでした。「中が一杯になっているのでないですか、郵便がはみ出したら大変ですよ」と話かけても、しばらくして観念され、別にポストに出しに行かれました。駅の両側にポストがあるためですが、向こうのポストもいっぱいかもしれません。

 次の人は、もっと時間をかけて、ポストの入口に手を入れていました。「中が、郵便物で満杯になっているようですね。前の人が別のポストに入れようと言われていましたよ」と声をかけました。それでも、この人は頑張って、自分の郵便を押し込まれました。私は、今まで自分がポストの口で力んだことは無く、傍で見ていると、少しなじめない動きに感じる次第でしたが、当事者には、人から見て、やや異様に感じるとは思っておられず、とにかく、郵便を押し込もうと必死でした。そばで見ていたら、その気持ちはわかります。

 それにしても、これで郵便事業は少し潤うんだろうなと思いました。マイナンバーカードを機能マヒさせたいのは、アベノマスクを考案し、それを郵便で全国に送り付ける方法と、その立場からだったのかと思いたくなりました。何ともわかりづらい状況になっていますが、膨大な手間も、浪費も、そして契約受注の不透明さも、今後、10兆円の予備費設定でますます増加するのでしょう。今はただ、その浪費と、不透明な団体による委託受注と下請け段階の中抜き行為が平気で行われるのも、健全日本を中央とトップからむしばむ病理だと思う次第です。#ポスト,#特定定額給付金,#郵便物,#アベノマスク,#マイナンバーカード,#契約受注,#予備費設定,#町田市議会議員,#吉田つとむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました