3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

目黒区議会の宗田議長を就任後初めて訪問2020.8.5記録

活動報告
私は、宗田議長の名刺を受け取ったのみです。

 友人である目黒区議会の宗田次郎議員が、議長に就任され、昨日初めて訪問しました2020.8.5記録 昨年、目黒区議会の改選があり、その際、選挙事務所に訪れた時以来のことでした。この日は、二人のインターン生を同行しましたが、議長室で挨拶を交わし、目黒区議会BCP(業務継続計画)の話のみをお聞きした。学生には、議会の内容自体を私がまだ説明をしていないため、その件はレポートの対象には含めなくても良い旨を話しました。要するに、自治体が大災害などに巻き込まれた際、住民と密接に対応する(要望を聞く、状況を見て回る)関係の一方、行政との対応をどのように行うかを双方の関係がスムーズに行くために、非常時のルールを策定したものです。

 次いで、本会議場の案内、説明をしていただきました。町田市議会の運営とは、だいぶ異なる、考え方も異なる点がありましたが、その感想については、インターン生の体験記(2020.08.04 インターン体験記 日高 彩貴(大学2年生)第2回-1レポート )をご覧ください。

 この日は、各常任委員会が開かれていました。ドアが開かれて開催されていました。友人の磯野弘三元議長が委員会の副委員長を務めて議事が行われている様子がうかがえました。宗田議長の説明でお聞きしたことですが、議会の専門家的な言い中ですが、役取りは会派で行うので、元議長という役職であった議員も、副委員長になることがあるというものでした。町田市議会では例が少ないのですが、私自身が同じ経験を前期にしており、会派運営優先があってのことだと理解しました。*内輪的な説明かもしれません。

 議会フロアーの廊下壁面に議員出品写真の展示がありました。それが、氏名を伏せて専門家の審査がされて、ここに掲示されているというものでした。せっかくですので、宗田議長とその出展作品を取らせていただきました。#目黒区議会,#宗田次郎議員,#宗田次郎議長,#本会議場,#常任委員会,#会派運営,#議会フロアー,#議員出品写真,#町田市議会議員,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP        町田市議会議員 吉田つとむのブログ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました