3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

自民党の盛況と民主党の低迷2020.8.30

所感・つぶやき
地の紋のように、無限に広がる、展開する、生き延びる

 自民党は安倍総理が退陣を表明すると、急に政党として元気になったように思います。もっとも、安倍内閣の評判が低迷していたに過ぎず、自民党自体はそこまで評価も評判も低くなったとは思えないこの間の様相でした。それが、安倍総理は自身が退陣表明した途端に引き留める人もなく、持病が悪化したのだからと誰しも即座に納得し、「お疲れ様でした。しっかり、養生してください」とほぼ全員の人の気持ちと言葉であるようです。ご本人は、まだ、次の総裁候補が決まるまで、いや、国会で総理大臣の選挙を行う直前まで、退任をしないようだと言われています。何も自分が後継者を発表するわけではなく、何もかも不思議なことです。

 すると、間を置かず、次の総裁、総理大臣になろうという人材が奔出しだしました。今日の新聞(読売新聞)には、「菅、岸田氏 出馬へ」とし、さらに 自民党総裁選 二階派、菅氏支持と続いており、小さく、「石破氏も意欲」と書かれており、動向が注目される3氏と言う写真がありました。

 今回は、日が足らず党員投票は避ける見通しが進められ、国会議員と都道府県支部連合会の代表票で決するようです。我慢ならない人もあるでしょうし、ルールが決まれば仕方がないという人もあるでしょう。今は、全党員が参加する選挙で総裁を選べば、自分がなれると自負する人もあるでしょうが、気まぐれな時の流れ、合従連衡が常の本流政界では、そうした波風を乗り切るか、ずっと、潜航して行けるか、そうした能力も欠かせないのかもしれません。ドラマテックな戦いが、演出でなく、総力戦で行われるのが自民党の強みなのでしょう。石破茂氏が、今回の総裁選挙で、党員投票が無いなら辞退というやり方だと、次は勝負時が無いかもしれません。人の期待の一歩前に進み出るような人でないと、人は心変わりをしているかもしれません。いずれにしても、私は10年以上も前に、自民党から除名を前提に離党勧告を受けて排除されたものです。その次の選挙に惨敗し、それによって、反撃の決意と実力が増して行きました。それが、今の私の姿です。

 他方、民主党は合流も分党も意味不明、結果は統合だか、野合だかもわからない、少なくとも、寛容や妥協と言う言葉は知らない、認めたくないようです。権力を手にする気がない、ただ、衆議院議員の場合は、何処かと取引して小選挙区で通りたい、あるいは比例区でなんとか引っかかりたいという議員に当選することのみの感情がうごめているのでしょう。その前に、自分たちがなぜ人気が無いのか考える、なんとか改善の手も出そうともしないのが、まるで関係ない立場の私にも不思議です。まー、人が3人いれば、1人は権力を取りそうな側でなく、その反対に位置するのかもしれません。ただし、そこに、選挙の場には急進派の維新の会があり、ご当人らが描く事態より、はるかに人の心と投票相手を選ぶ相手は分散しているでしょう。少なくても、代表の選挙をばかばかしくてもやる、そうした根性者がないのでしょうか、今、この合流民主党の中で、リーダーになってまとめる人材としたら、今は自分の身を虚心にささげることができた人、中村喜四郎氏くらいしかないのではないか、そのように思っています。

 自民党は、その点、多数の有能な人士がおり、誰で無いといけないという制限がなく、いつでも首を挿げ替えれば新鮮味が出てくる人材が、またそうした人ができています。
 #自民党,#民主党,#政党,#総裁選挙,#総理大臣,#ドラマチック,#総力戦,#合従連衡,#党員選挙,#安倍総理退陣,#町田市議会議員,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP         町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました