3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

一般質問:コロナ下の町田市内の産業発展の事業2020.9.4

市政の動向と議会発言・態度・視察

 

 新型コロナウイルス感染の拡大によって、一般販売業、飲食業の分野の売り上げ減少をもたらしています。とりわけ、飲食業の場合は営業自粛の影響もあって、多大な売り上げ減をもたらした例が目立っていました。

 町田市でも同様で、町田市でも補正予算を組んで家賃補助の事業を連続的に行ってきたところです。

 そうした事業マイナスの話が大半の話題を占める中、もっはら、宅配を主体にする生活協同組合の事業者は、その事業が繁盛して活況を呈していると関係者から直接聞く機会があり、また、報道では閉鎖中の大学生協の余剰人員を受け入れているということであります。コロナ感染の発生を通じて、社会生活全体にマイナスの影響を与えているだけではなく、新しい生活習慣をもたらしているとも言える側面も持たしています。

 そこで、町田市商工会議所、商店会にかかわる事業者、あるいは町田新産業創造センターに入居する企業の中に、この間の苦境と言われる中で、営業が著しく繁盛している事業者は現れていないか、調査はどうなのかを尋ねました。

 残念ながら、行政が把握する情報は出てきませんでした。町田市商工会議所加入企業や、町田新産業創造センターに入居する企業の中では、デジタル分野において頑張っている企業があるようだという範囲でした。

 そこで、私が観察した地元で活躍する飲食業の事業者では、焼き肉店舗が、新たに店舗前に、焼き鳥の販売スペースを確保し、新たな販売品目の取り入れで、夜まで客が絶えない活況を呈しています。飲食店舗の営業形態の研究と新規販売品目の拡充努力を見るものでした。

 また、食配の分野では、飲食店が多数集約する中町~原町田のエリアでは、小田急踏切において、出前専門業者の自転車が間をおかずに行きかっていますが、時間をかけて冷静に見ていると、何故、より飲食店舗数が多い、中町側から原町田側に向かう自転車数が圧倒的に多く、逆に、原町田側から中町側に向かう自転車は、背負い型の専用ケースの中身が無く、明らかに軽くなっている状況がうかがえます。結果として、飲食店舗がより少ない中町側に出前専門業者に依頼する業者が多いことが観察されました。飲食店舗による出前形態による販売拡充が実っている様子が推量で来ました。

#新型コロナウイルス感染の拡大,#一般販売業,#飲食業,#飲食店舗,#出前専門業者,#自転車,#中町,#原町田,#町田市議会議員,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP        町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました