3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

決算認定への付帯意見が決定②記載日2020.9.24私は10件を提出、9件が可決

市政の動向と議会発言・態度・視察
前回の委員会光景

 今期も決算認定の審査は、各常任委員会ごとに行われ、私は建設常任委員会に出席し、質疑を行い、採決に参加し、決算認定に賛成しました。共産党を除いて、賛成多数で可決となりました。(既報)その後、付帯意見をつけるため、委員は自分が質疑を行った事項に関して、自分の意見を提出し、それらの意見の賛否が問われました。以下、私が提起した内容です。その中で、歳入に関する意見は、私を除いて意見を付けた議員がありませんでした。まず、歳入は歳入と記し、歳出に関しては特段記入をしないものとします。

渡辺厳太郎委員長の進行

全員可決 環境資源部 環境衛生費 
ポイ捨て、路上喫煙に関して、決められた禁止事項が適正に守られるように、指定場所の道路標示、看板類の整備と巡回指導に一層努められたい
 (この項目は、深沢ひろふみ委員・副委員長の提案意見と合わせて、提案とされました。

全員可決 環境資源部 3R推進費 資源集積場
 アパート敷地内に設置された資源集積所の表示に関して、内容・収集日の表示をわかりやすくし、さらに、許可を受ける人を除いて利用が禁止される旨の表示を行政責任で設置されたい

全員可決 環境資源部 町田市廃棄物減量再資源化等推進整備基金
 指定収集ゴミ袋の手数料収入の基金に関して、プラ資源化施設、瓶・缶の資源化施設等を含めた衛生・安全向上・確保の施設改善にも充てられたい

多数可決 都市づくり部 小野路公園事業 
 小野路グランドにおいて、利用者の減少には、多種目のスポーツ利用を図られたい

全員可決 都市づくり部 公園緑地費
 芹ヶ谷公園駐車場管理委託費において、委託を受ける会社が施設でトラブルが起きても連絡が取れないことが発生しており、業務内容を改善されたい

多数可決 <歳入> 都市づくり部住宅費 
 市営住宅使用料において、長期間の入居者に関して、入居条件の実態調査をより深められたい

否決(賛成少数)都市づくり部 都市計画管理費
 多摩都市モノレール基金積立金において、目標額まで遅滞なく、基金積立を図られたい

全員可決 <歳入> 道路部 道路管理費  屋外広告物許可申請手数料
 公正な手数料を徴収するために、行政による許可を必要とする屋外広告物許可に関する徴収方法を検討されたい

全員可決 道路部 道路計画費 ペデストリアンデッキ 長寿命化修繕計画策定委託業務
 JR横浜線ターミナル口のデッキに関して、降水時の水はけを改善されたい

全員可決 下水道部 下水道整備費 雨水管渠事業
 管渠工事の発注に関して、都市づくり公社への委託割合を減らして市発注工事比率を高めるととに、市内業者の受注機会を増やされたい

深沢ひろふみ副委員長の委員提案内容の読み上げ

 以上が、私が提案した決算認定に関する付帯意見の全部で10件でしたが、否決された1件を除いて可決しました。また、その中の2件が多数可決で、残りの7件は全員賛成の可決でした。
 さらに、全委員の提案は、全部で37件、否決されたものは全体で6件(吉田のものは1件のみ)でした。その他で否決されたものは、共産党提案のもので、他に賛成が無かったもの、あるいは諸派議員の提案がありました。委員会で否決されたものは、本会議では委員長報告に含まれません。
 #決算認定,#全員可決,#多数可決,#否決,#歳入,#歳出,#市内業者町#田市議会議員#吉田つとむ,#屋外広告物許可,
吉田つとむHP町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました