3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

議員ボーナスの減額案は多数派が審議させず、拒否2020.11.30

市政の動向と議会発言・態度・視察
議員提出議案を審議することなく、その動議を否決される。多数派の横暴きわまる町田市議会

 

議員提出議案を審議することなく、その動議を否決される。多数派の横暴きわまる町田市議会

 保守の会では、第2定例会において、議員のボーナス削減(20%)を決議案として提出しましたが、あっさり否決されました。その理由として、多数派は政務活動費の半減と視察の取り止めで済ませるとする見方でした。(全員賛成)つまり、直接の削減を行う方法を取り入れる必要はないとするものでした。

 その後、国家公務員のボーナスを削減する人事院勧告が出され、国会で可決される状況に合わせ、東京都、町田市も同じ内容で削減されることになりました。マイナスは過去に訴求しないという理由から、査定日である12月1日以前に決することが必要になり、町田市議会では、定例会初日の11月30日の職員・市長とは、別個に同率の削減を行う条例改正の提案を保守の会(共産党が追加署名)で行いました。

しかし、議会の多数派は、私たちが提案する議員ボーナスの引き下げ案の審議を求める「動議」を多数決で否決しました。つまり、公の議会で論議することをしたくなかったということです。賛否は別にして、議案を審議するのが議会の役割を思っていますが、それを簡単に葬られました。現下の世情に合わせて、自らを削るのは政治家の責務だと思います。この意見は、議会審議を無視されましたが、市役所職員や一般の市民の方々はどのように判断されるでしょう。

#保守の会,#議員のボーナス削減,#決議案,#公の議会,#市役所職員,#一般の市民,#町田市議会議員,#吉田つとむ,#動議,#政治家の責務,
 吉田つとむHP          町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

  1. […]  職員のボーナス引き下げに伴って、議員のボーナスも削減するべきだとして、定例会初日に提出した議員提出議案は、動議でその日の決定を求めていました。11月30日までに議決をしないと、ボーナスの削減はできない(マイナスはさかのぼって、徴収できないルール)があり、通常通りに最終日(12月23日)の採決とするわけには行かず、動議によってその日の採決を求める形になりました。経過は、以下の通りです。  なお、議員提出議案第22号の表題は、町田市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例 議員ボーナスの減額案は多数派が審議させず、拒否2020.11.30  […]

タイトルとURLをコピーしました