3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

人的流入を閉ざした鎖国政策をとらざるを得ないという観点で、オリンピックを中止2021.01.25アップ

町田市・東京都・日本
医療の最前線で活躍する市民病院

 

 日本と東京都はオリンピックを開催が不透明な状況下にありますが、現実の政治は延期した施設の維持管理、事務局体制を長期化して、更に予算を投入しようとしています。私は、いち早く全面的に「オリンピックを中止しよう!」という路線に転換し、五輪の準備費用、開催費用を全て新型コロナ対策、取り分け医療従事者の負担軽減に振り向けるべきだと主張しています。つまり、これ以上の無駄金は一切出さないという立場で臨むのが、私を含めて誘致を進めた政治家の責任だと思います。

医療の最前線の一つ=町田市民病院

 世界では、新型コロナの変異種の出現、拡大が新たな脅威になっていますが、今後日本はその進入を防ぐのであれば、当面の間、外国との交流を控える、人的流入を閉ざした鎖国政策をとらざるを得ないと考えます。観光や技能実習による外国人の流入を当面はストップする体制が欠かせないと考え、東京都はその人的配置を取り、国内流通で成り立つ地域経済のモデルを建てるべきだと思っています。その為には、この間「良識ある保守主義」の観点からも注目している、資本と労働が一体化した「ワーカーズコープ」による経営が、地域経済の中軸になっていくものと考え、その普及、支援に務めたいと思っています。

医療の最前線の一つ=町田市民病院の正面入り口方向に向かう

 また、東京都はスウェーデンに匹敵する13兆円の予算規模を有する巨大自治体であり、私は、この規模の力を活用すれば、国内経済の中心としての地域経済を回せる体制を造り上げることが十分可能だと思っています。そのためにも、これ以上の出費は抑え、いち早く、経済構造面も含め、WITH コロナ に対応できる体制への変化のかじ取りを行うことこそが、責任ある政治の姿勢と考えます。この点で、私は、現在の小池都政にはそういった先見性が足りないのではないかと思います。
 #オリンピックを中止,#鎖国政策,#東京都,#スウエーデン,#運営費用,#準備費用,#新型コロナの変異種の出現,#地域経済,#WITHコロナ,#町田市議会議員,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP                               町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました