3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

少し咳があり、用心のため、かかりつけ医で診察、合わせて、パルスオキシメーターの測定、判定もしていただく2021.01.25

生活一般

 一昨日から、少々の咳があり、時節柄の用心のため、かかりつけ医で診察、合わせて、パルスオキシメーターの測定、判定もしていただく2021.01.25でした。
 比較的に長い問診があり、続いて聴診器を当てての診察がありました。あわせて、パルスオキシメーターの測定、判定もしていただきました。この機会は、先生から進められて測定をしたものです。

 問診の間、コロナ感染に関する話に及び、議会の状況、情報開示等について、思わず談義が続きました。珍しいケースでしょうが、お医者さんから見ても、我々は世情に関しての一つ情報源なのでしょう。自分が知っていること、あるいは体験していることをまとめてお話ししました。処方箋をもらって帰りました。この間、自宅にいる時間が多く、運動くらいは必要だとも思い返したところです。

 さて、このパルスオキシメーターというものは、TVや新聞などでも良く見るものですが、直に見たのは初めてでした。さらに、それで測定してもらうのも初めてでした。一般的な値の中にあるようでした。

 ネットで、メーカーのコニカミノルタのサイトを観ると、詳しい説明がありました。次の趣旨がありました。
 パルスオキシメーター(pulse oximeter)は、動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を採血することなく、指先などに光をあてることによって測定する装置で、病院の手術室や集中治療室、内科、呼吸器科、循環器科の外来・病棟などで、幅広く使用されています。
 この小型機を開発したのが、コニカミノルタで、今では幅広く、医療、介護の現場で使用されているそうです。逆に、一般の人まで持つようになったため、品不足になっているというのが、ニュースの話題になっています。

 測定の背説明では、標準値内に収まっていました。コロナ感染の時代、何事も用心が第一と任じています。
 #かかりつけ医で診察,#パルスオキシメーターの測定,#聴診器,#TVや新聞,#動脈血酸素飽和度(SpO2),#脈拍数,#標準値内,#町田市議会議員,#吉田つとむ,#コニカミノルタ,#少々の咳
, 吉田つとむHP                     町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました