3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

新型コロナ感染と事業縮小(商店街事業)2021.02.19

市政の動向と議会発言・態度・視察
銀座とは違うが、町田のひところの夜の街

 本日から補正予算質疑で、商工振興対策費の「商店街チャレンジ戦略支援事業補助金」の減額に関して問いました。

 予算から全体の4分の1ほどを減額する大きなものであり、気になりました。当初、全体で42件の商店街から申請があり、うち14件が取り下げられ、それ以外にも減額のものがあったとの説明でした。これまでの事業では、例年各商店街で行われるお祭りの補助が大半です。

 この事業が、商店街の個店商売に関して売り上げ増にどれだけつながるか、効果が出ないではなかと問うてきましたが、今期は、昨年期はその実施自体ができなかった場所が上記のように、全体の3分の1に相当数する14件も取りやめになっていました。 新型コロナの影響による取りやめ、事業規模の縮小という説明が行政の答えですが、果たして、大きなお祭りをやれば、商店街の各店舗の売り上げ増大、利益の拡大につながるのかの疑問はずっと継続したものですが、東京都が出費して行う事業であり、単に、お金のばらまきに過ぎない面が出ています。新型コロナの減少を望むとともに、再度、この事業の在り方の改善を訴えていきたいと思っています。

 #補正予算質疑,#商工振興対策費,#商店街チャレンジ戦略支援事業補助金,#お祭りの補助,#個店商売事業,#規模の縮小,#新型コロナの影響,#町田市議会議員,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP         町田市議会議員 吉田つとむのブログ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました