3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

メーデーの思い出2021.5.2

用語の説明
タイトルとは無関係ですが、新宿公園を写しました

 

 私は、メーデーに行ったのは、一度だけ。福岡で長期政権の県知事を倒した野党側の福岡県知事=奥田知事が誕生した直後のメーデーでした。

 その同じ統一地方選挙の日に、北海道では横路同知事が誕生しています。1983年(昭和58年)でした。

 当時は、私はその年に実施される参議院比例代表選挙に挑戦する目的で新政党創出のための準備運動に参加していましたが、その前身の「サラリーマン同盟」のメンバーという名称で、その県知事選挙に参加しました。その県知事選挙を采配した、岩崎県評事務局長(NHK福岡労組委員長・県評議長も経験、敗北が明白な知事選候補に何度かなっていました!)から選挙状況的に大歓迎を受け、選挙運動の一端にかかわりました。同氏から、プロとしての大型選挙分析、選挙の組み立てを学びました。→ただし、そうした大型選挙に自分が幹部でかかわることが無かった)

 県知事選挙の広域の遊説にも同行し、下手な演説もしました。遠来の飛鳥田一雄横浜市長と、大型宣伝カーの車上に一緒に乗りました。その時だけの縁に終わったのが残念です。その県知事選にかかわったことで、その年のメーデーに出向いたのですが、大企業組織労働者の会という感じでした。当方は、一貫して零細企業の営業職で疎遠な感じがしました。

 翻って、メーデーを紐解くと、アメリカの労働運動史上、で8時間制労働を求める運動中に起きた、警察、陪審員裁判におけるアナキストへの弾圧(多くくが死刑、後は以下の記述のような措置)が契機になっているようです。彼らの名誉回復は、6年後にイリノイ州知事ジョン・ピーター・アルトゲルド氏が、事件は冤罪、無罪とし、名誉回復が図られたとされています。アナーキストは外国でも、日本でも、理不尽で無残な結末を迎えた人も多数あることが歴史の記述にあることが発見されます。ちなみに、私はたびたび、そのアナーキストである旨を表しています。
 #メーデー,#統一地方選挙,#参議院比例代表選挙,#福岡県知事選挙,#奥田八二知事,#アメリカの労働運動史上,#8時間制労働,#アナキストへの弾圧,#町田市議会議員,#𠮷田つとむ,
吉田つとむHP         町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました