3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

過去各種選挙に14回立候補し、7勝7敗する。直近の令和3年都議選に出て、6位落選。平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

オリンピックの仕事をする人物の問題発言と解任2021.7.22

政治問題

 

 オリンピックの開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」として統括役を務めてきた人物が解任されたという。その職歴で、ホロコーストを揶揄したコントを残したと指摘されており、本人も認めている。
 今日のTV番組の中で、時間が無いので解任されたという表現があったが、それは違うだろう。
 ことはユダヤ人の大量虐殺を無神経に扱ったということであり、それで通用すると思うところが、ドイツやイスラエル、そしてアメリカのユダヤ人を知らぬからと言えよう。
 それを通用させているのは、麻生副総理(元総理)くらいであると思っています。

  翻って、今回ほど、差別が問われたオリンピック(イベント)はないでしょう。森喜朗組織委会長の女性蔑視発言に始まる辞任に始まり、現在の橋本会長に至るハラスメント容認が将来にわたって日本(人)の性差別の体質を問われる課題を残しました。障がい者への差別問題では、外部からの批判を受け、直近まで相次ぎ当事者の辞任が起きました。

 今回は開会式の直前になって、演出のトップがユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)をやゆした発言をしていたという問題が発覚し、当人を解任するという処分が下されました。この問題は、理事の多数が開会式の中止か簡素化を求める要望をしていたことも明るみになりましたが、事務総長がそれを伏せて進めてしまう組織体質がまたしても発生しました。日本(人)は、この国のメダルの獲得数の多さで良かった良かったでこの先も進むのでしょうが、世界から尊敬を受けるかというと、かの時代の「エコノミックアニマル」が、「筋肉体質」に変容したととらえられることになるのではないでしょうか。

 人種差別に対する抗議の意思表示では、前大会まで黒人選手の行動が処分の対象となりましたが、その正当性があって容認される側面が出てきました。差別に関して、その根源的な課題をとらえておかないと、今回のように、事態の急変、悪化、再起不能に至るという経過、それに止まらず、日本人全体の判断にまで及ぶということを果たして、日本人は学んだのでしょうか、それとも「運」が悪かったという次元でとらえるのでしょうか。私には、後者の判断が日本の現状だろうと推測する次第です。

 合わせて、中山泰秀防衛副大臣はこの件を知って、サイモン・ウィーゼンタール・センターという、ユダヤ人団体に通報したと自ら語っている問題があります。内閣の一員(対外的にも、極めて枢要な機関)の人物が、内閣の課題として外国の(民間)団体に直接通報するという不可解な行動を取りました。本人は、その外国団体との関係性の深さを自慢にしたスタンスですが、国家としては、こうした人物は極めて危険な要素を持つものと理解するべきでしょう。
 #オリンピックの開閉会式,#ホロコースト,#ユダヤ人の大量虐殺,#女性蔑視発言,#障がい者への差別,#エコノミックアニマル,#人種差別,#内閣の一員,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP         都議会議員候補(落選) 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました