3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

過去各種選挙に14回立候補し、7勝7敗する。直近の令和3年都議選に出て、6位落選。平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

2021.10.23貧しくて、お稽古事が出来ないことに行政支出をすることが果たして必要か、価値観を変えるべき時

政治問題

 家計が貧しく、ピアノのお稽古ごとができなく、かわいそうだという話がありました。同情することもあれば、以下のようなケースでは疑問符が付くことがあります。

 行政によっては、保護家庭や母子家庭児童がお稽古事などができるように定額の支出(あるいは、クーポン券)によって、子どものお稽古事を促進することを良しとすることが褒められています。生活費で見ると、そうした母子家庭よりもっと苦境にある家庭もあるでしょうし、保護家庭水準以下の家庭もあるでしょう。都市部においては、公共住宅でなく、一般の民間賃貸住宅に住む家庭の方が、生活水準が低いケースはよく見かけるものです。行政の補助や支援というのは、そうした一般の民間賃貸住宅に住む世帯には、ほとんど顧みられない施策が多く、新たな不公平をもたらしていると見えるものです。

 将来を見据えるならば、子どものお稽古ごとに行政支出が果たしてどのように有効かと疑うものです。もとより、私は音楽や美術に関心がある方だと思いますが、それはそれぞれの縁があり、学習の方法があるというものでしょう。

 むしろ、その子にはどのような勉強が必要かを真剣に考えてあげる方がはるかに有用でしょうし、お稽古にあれこれ手を出すより、いくらでも学習の方法はあるでしょう。

 もう、目標の価値観を変えるべきだと思います。より、金持ちの後追いして、ついて行けるものでしょうか。そうしたお金持ちの子にアップアップして後追いしてどれだけの徳があるのでしょうか。お稽古事は、大半はお金だと思っています。人並というのは、相応の生活を送ることができる世帯水準のものであり、自分より上のものについて行く生活を子どもの時代から慣れ親しむ、訓練するにことになるでしょう。

 あるとすれば、人がやらない分野で先駆となる以外になかなか方法がないと思います。この間、スポーツの分野では個人技を特徴とするものが誕生し、オリンピックの種目になったものもあります。十代の少年少女や、一躍世界的なプレイヤーになっています。こうした道に進む方が遥かに健全だと思うものです。
 #お稽古事,#ピアノ,#保護家庭,#母子家庭児童,#一般の民間賃貸住宅,#金持ちの後追い,#オリンピックの種目,#世界的なプレイヤー,#前町田市議会議員,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP         前町田市議会議員 吉田つとむのブログ用語の説明

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました