3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

過去各種選挙に14回立候補し、7勝7敗する。直近の令和3年都議選に出て、6位落選。平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

駅で憂国忌のパンフをいただく2021.11.25

所感・つぶやき

 本日は、突然憂国忌のパンフをいただきました。瞬時に「今日だったのか」と思い出しました。そこで、「(木村)三浩氏などが来ていたんでしょうね」と聞くと、「一水会の・・・」と続けました。「鈴木邦男の後にやっている人ね」と返答でした。それれは、既知のこととして話が進みました。

 せっかくパンフを頂いたので、名簿をめくりました。ざっと見渡しましたが、名前を聞いたことがる右派の評論家の名がありましたが、私は通ではないので、その他を見てみました。すると、木村三浩氏の名前は、賛助会員の中にありました。そのほかには、昔なじみの県議の名がありました。せっかくですので、メールで知らせると、昔からの賛助会員であるそうです。律儀な人ですので、長い付き合いなのでしょう。

 全体として、その他に名前がすっと頭に入る人はほとんどありませんでした。自分が個別の右派の人とは、大半縁がないからでしょう。

 注目したには、発起人の中に猪瀬直樹氏の名前があり、先の木村三浩氏の名前があり、その共通点を瞬時に思い出しました。徳洲会の徳田虎雄氏による5千万円提供事件を思いだしました。*後で、返却したことになっている例のプロセスでした。ちなみに、その舞台になったのは、町田市つくし野の横浜銀行つくし野支店です。

 その横浜銀行は、この橋のすぐそばにあります。

  三島由紀夫 自身や、当時の状況についての続きは、次回。

 #憂国忌,#三島由紀夫,#木村三浩,#右派,#賛助会員,#発起人,#猪瀬直樹,#一水会,#徳洲会,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP         前町田市議会議員 吉田つとむのブログ 

コメント

  1. […]  さて、駅で、憂国忌のパンフをいただくの続きの記事です。  駅で憂国忌のパンフをいただく2021.11.25 […]

タイトルとURLをコピーしました