本文へスキップ

若者育成の街・交通文化都市

詳細版:議会活動Parliamentary activities

2022年 2021年

2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年

2014年 2013年 2012年 2011年
 2010年
 日々の活動は、ブログ、ユーチューブ動画、ツイッター、フェイスブックなどで記録しています。

 会派関係記事は、別記したものもあります。

 4期目までの収録〈全活動) この先にもさらにリンクしています。  
 
 特集:福島第1原発爆発事故と放射性物質による汚染と被曝問題


特集:2011福島第1原発爆発事故と放射性物質による汚染と被曝問題

<吉田つとむは、直近の町田市議選で4期連続トップ当選しています>
 町田市議会(定数36人)の選挙は令和4年(2022年)2月20日に改選があり、吉田つとむは4期連続トップ当選、8期目を迎えることになりました。

 吉田つとむは、政党会派に拘束されることなく、かつ、自分の意見を通しながら、議会内で協調できる他の議員とは出来るだけ手を結び、支持政党を持たない人の意見を代弁したいと思ってきました。今回も議会内会派を結成することが出来ました。最低数の3名で、「無所属」と言う名称の会派を作りました。
 所属メンバーは、松岡みゆき議員(当選4期目・幹事長)、新井よしなお議員(当選6期目)、吉田つとむ議員(当選8期目)です。
 吉田つとむは、2度目の議長を目指しましたが、3位最下位でしたが、さわやかに一般議員を務め、健康福祉常任委員となりました。



 この期、2名のインターン生が参加し、傍聴。


 インターン生の作品です。会議中にしたためてくれました。

 吉田つとむは、平成30年3月より、市議会選挙を連続当選(3期連続トップ当選)で7期目を迎えました。諸般の事情で、会派名が「保守の会」となりました。5名の議員が参画しています。結果的には、また、所属する会派名が変わることになりましたが、また新しい名称です。議会は全体が改選ですので、議長職は自動的に3月8日で終了しましたので、任期満了と言う表現が一般的だと理解しています。委員会は、総務常任委員会に属し、副委員長に就任しました。建設常任委員会委員を務めています。

 
   
 吉田つとむは、平成26年3月より、市議会選挙を連続当選で6期目を迎えました。会派は「保守連合」と言う 会派の結成に参画しました。この名称は一般的な名前のようですが、国内はもとより、世界的も数少ないようです。なお、町田市議会では最小会派です。会派でも、議会委員会の中でも全て無役です。議長選挙に初めて手を上げましたが、あえなく落選しました。自分では、議員中、連続トップ当選であり、飄々としています。
 

 2016年10月4日、吉田つとむは保守連合会派の議員として議長選に臨み、36名中20名の支持を得て当選。第35代議長に就任しました。無所属議員として、最小会派議員として、トップ当選者として初の町田市議会議長になりました。*当方で調べて判明した歴史的範囲。
 以下、その議員活動(発言、行動、態度)

 

 <以下、5期目の記事関係>
 吉田つとむは、連続5期(2010年3月時点)の当選で、副議長に就任しています。任期中、東日本大震災時があり、本会議の開催が常任委員会室で行なわれるなど、特異な経験をしました。その後、新庁舎に移転しています。*ただし、4期目の途中で、辞職して都議選補選、都議選と立候補し、いずれも落選しています。




 話しが戻って、ホームページでは、町田市議会に5期目復帰してからの活動を記載しています。そのため、下記の分離しています。当初、それぞれのHPに記載している関係で、市議会復帰後の記録を優先して掲載します。
* ちなみに、2013年11月以降、無所属の私は不本意にも交渉会派に属さず、1人で活動(諸派と呼ばれる)状態です。6期目は、新たに「保守連合」会派の結成に、参画しました。
   経過は「所属会派」のページに記しています。
  2010年選挙の記録(5期目当選、トップの得票 7679票)

  議会発言と態度・行動(2012年2月までの副議長職の間は、本会議での一般質問と議案提案、討論がありません)本会議一般質問の時間中、議長に替ってその職務を行なったことがあります。  

総合版   詳細版   tokyo版  

吉田つとむ

〒194-0011
町田市成瀬が丘 1-14-12

サンホワイトE103-13
042-795-7361