3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

過去各種選挙に14回立候補し、7勝7敗する。直近の令和3年都議選に出て、6位落選。平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

「見守り付き高齢者アパート」の「エクシオ城山」を見学:2021.8.24記

活動報告

 昨日は、「見守り付き高齢者アパート」と呼ばれる高齢者住居の「エクシオ城山」を見学したました:2021.8.24記 この建物は、株式会社エクシオジャパン アクア福祉グループが運営するもので、以前にも、出来上がっている同系統の施設を見学したことがあります。今回も、インターン生の研修、見学の一環です。

 ただし、まだ建設中の建物で、躯体の工事は完了していましたが、まだまだ、細部はこれから手が入る竣工前の状態でした。この建物、施設は、エクシオ・ジャパンが運営するもので、全室が個室形式で配置されており、総2階建てで、2階にはエレベーターで上がるようにできていましたが、そのエレベーターも設置されただけの状態でした。

 案内をしていただいた、小林専務の話によれば、日中は管理人がいて、声掛けを行い、夜間は各居室内に設置されている「見守りシステム端末」を利用し、一定の時間内に居室での動きが確認できなかった場合や、非常ボタンが押された際には緊急対応いたします。夜間は、近隣に居住する管理担当者が対象者へ連絡を試み、非常の場合は駆けつけて対応にあたります。とのことでした。

 現場の監督さんから、内装の特徴を説明していただきましたが、壁紙の配色、組み合わせ割合もそれぞれに工夫がこらせてあり、高齢者居住スペースであることが意識されていました。

 小林専務によれば、こうした高齢者住居のスタイルはとても珍しい形式で、入居者に低廉な住居費で提供するものであるそうです。出入りが外部から可能な炊事場が設定されており、食事の提供も行われるスタイルになっていましたが、これは 高齢者住居 であるために、そのような設計になっているようです。食堂部分には、自分で調理を行うために、ガスを使わない電子調理器が配置されるとのことでした。

  #見守り付き高齢者アパート,#高齢者住居,#エクシオ城山,#見守りシステム端末,#管理人,#低廉な住居費で提供する,#高齢者住居,#吉田つとむ,
吉田つとむHP         都議会議員候補(落選)吉田つとむのブログ

 
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました