3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

「畑のお世話:サツマイモを収穫しよう!」参加2020.11.15記載

行動
サツマイモを植えた畝

 

「つくし野ビオトーププロジェクト」主催、「畑のお世話:サツマイモを収穫しよう!」が町田市つくし野の農地で実施され、参加しました。
天候にも恵まれた、野外での行事あったことで、大勢の小学生、幼児、そしてその家族の皆さんがそろいました。
まず、セントラルパーク(できたころは、金曜日の妻たちなどのテレビの舞台にもたびたびなっています)に集まり、そこから、農地に向かいました。

会場到着後、主宰の小池氏より、野菜の虫食いの話、穴を掘ってサツマイモを狙ってくる野ネズミの話があり、皆さんが聞き入りました。
童話の絵本や手書きの説明書きパネルが使われ、楽しく、わかりやすく、芋堀に向かう心構えが話されました。

さて、畑の畝そばに入ります。私は幼児が芋堀を行うのところのツルを除く役割を、世話役の方から指示されていました。鎌が右利き用で、左利きには扱いにくいのが気になりました。
取り合えず、子どもたちがスコップを持ち、一切に芋を掘り出しました。
とてつもなく大きなサツマイモもあれば、ちっぽけな芋もありました。そのたび、大きな喜びが起きました。大きな芋を掘り当てると、自慢して見せてくれました。
いくつものわずかに見える茎を頼って、スコップを入れ込んで見ると、上手いことサツマイモを持ち上げることが出来、ほっとすることもありました。

隣の畝では、小学生が次々とサツマイモを掘り上げていました。
最後は集合して、分配が行われました。私もおすそ分けをいただきました。
また、プロジェクトの皆さんは、つるを整理したり、畝をきれいにしまり、道具をかたずけたりの時間でしたが、私はその途中で上がらせていただきました。
実に楽しい時間を過ごしました。
#つくし野ビオトーププロジェクト,#畑のお世話:#サツマイモを収穫しよう!,#農地,#セントラルパーク,#鎌が右利き用,#左利き,#畝,#スコップ,#町田市議会議員,#吉田つとむ,
吉田つとむHP            町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました