3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

提出議案(議員ボーナスの削減案)を動議段階で否決(つぶされ)され、自ら撤回願を書かされるという不名誉について2020.12.2記載

市政の動向と議会発言・態度・視察
自分が出した議案を無きものとされ、撤回願を書くと、手が震える

 職員のボーナス引き下げに伴って、議員のボーナスも削減するべきだとして、定例会初日に提出した議員提出議案は、動議でその日の決定を求めていました。11月30日までに議決をしないと、ボーナスの削減はできない(マイナスはさかのぼって、徴収できないルール)があり、通常通りに最終日(12月23日)の採決とするわけには行かず、動議によってその日の採決を求める形になりました。経過は、以下の通りです。
 なお、議員提出議案第22号の表題は、町田市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 議員ボーナスの減額案は多数派が審議させず、拒否2020.11.30 

 さて、こうして私たちの議員提出議案が「没」とされたわけですが、すると、自ら提出した議員提出議案を撤回して、取り下げる形になります。つまり、自ら提出した議員提出議案第22号の「撤回願」を議長に提出する羽目になりました。

 戦争で言うと、実質は絞首刑の処刑に相当します。いや、そうした明るみで行われる処刑ではなく、人知れずに行われる暗殺みたいなものとも言えるでしょう。この事前に文書で準備し、議会運営委員会で審査順序も協議されたものが、この理不尽な「撤回願」という形式になるわけです。当日は、あまりにも悔しく、怒りがあふれ出て眠れませんでした。
 #職員のボーナス引き下げ,#議員のボーナスも削減する,#議員提出議案第22号,#町田市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例,#議会運営委員会,#審査順序,#撤回願,#町田市議会議員,#吉田つとむ,#保守の会,
 吉田つとむHP            町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました