3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

デリバリー・テイクアウト支援事業とは2021.4.12

市政の動向と議会発言・態度・視察

 

 今回の臨時議会では、国の予算財源(新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金)を用いた事業(全額国費支出金:1億3千9百50万円)が盛り込まれていますが、その一つに「デリバリー・テイクアウト利用促進」の予算があります。
 飲食物の配達料(消費者負担分)や配達代行手数料(事業者負担分)を補助する事業費支出であり、補助対象経費の全額が手当されます。その理由は、国が新型コロナ時代を想定した「新しい生活様式」の実践例として「食事のデリバリー・テイクアウト」を促進していることに基づくものです。

 この補助事業のほか、このデリバリー・テイクアウトを実施する市内飲食事業者に、一律5万円を補助する予算も組み込まれました。この間、飲食店が営業時間短縮で「一律6万円支給(現在は4万円支給)」される問題を取り上げましたが、その補助事業に加え、さらに追加した補助となり、労せずした収入が得られることになり、先々、開店休業で収入となる飲食業が広がることに事態を生じる例を生むことでしょう。その懸念をぬぐえないことが残念です。

 #臨時議会,#国の予算財源,#新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金,#全額国費支出金,#デリバリー・テイクアウト利用促進,#飲食物の配達料(消費者負担分),#配達代行手数料(事業者負担分),#補助対象経費,#飲食店,#町田市議会議員,#吉田つとむ,
 吉田つとむHP         町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました