3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

過去各種選挙に14回立候補し、7勝7敗する。直近の令和3年都議選に出て、6位落選。平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

2割減額(5.31で辞めたから)議員の期末手当の明細を受けました2021.6.11

活動報告

 前に(5.28)に、市議会議員を5月31日付で辞職願を議長に提出したことを記しました。この日までに辞職すると、6月の期末手当が2割減額となりました。減額されることを事前に知っていましたが、菅原一秀衆議院議員が辞職願を出したのが6月1日以降で、国会の開会中で、そのあとの3日であったと記憶しています。

 私が議長に辞職願を提したのは、定例会前でしたので、議長が許可する形になっています。私が議長時代に、市議の辞職願を受けており、5月中であったと記憶しています。その内の1名は、現在、都議会議員となり、活動されています。

 さて、その明細を見ると、「減額」と書いてなく、単純に所定の金額が記されているのみです。実際に、減額になる説明も聞いていますので、全部を承知していたというものです。とにかく、話が後に戻るわけではなく、減額されたものでもありがたく、使わせてということになります。
 添付写真は、その明細書ですが、本年の累計が記入されています。今回のぼーなではありません。こんな金額がえらく多いなと思われたかもしれませんが、国会議員のボーナスでもこの金額にはなりません。これは、このボーナスを含めた5月分までの報酬の全額です。
 #辞職願,#議長,#期末手当,#減額,#明細書,#ボーナス,#前町田市議会議員,#吉田つとむ,#支持政党なしTOKYO,
  吉田つとむHP         町田市議会議員 吉田つとむのブログ 



 
 
 

コメント

  1. […]  前日のブログ、「2割減額(5.31で辞めたから)議員の期末手当の明細を受けました2021.6.11」の質問に関する回答です。「議員の社会保険制度について」というタイトルで、別に書きました。 […]

タイトルとURLをコピーしました