3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

過去各種選挙に14回立候補し、7勝7敗する。直近の令和3年都議選に出て、6位落選。平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

天皇陛下が総理大臣を任命される親任式で侍立していた、山東昭子参院議長が、会場に直行しセミナーで挨拶2021.10.4

政治問題

 本日は、菅内閣が総辞職を行い、国会では首相の指名する選挙があり、衆議院、参議院ともに岸田文雄衆議院議員(自民党総裁)を指名しました。

 その後、国会で指名された岸田(総理大臣)は、首相官邸に各大臣予定者を呼び込み、それぞれを任命しました。*聞いています。

 その後、皇居に赴き、天皇陛下から総理大臣の任命されるわけです。晴れて、岸田総理大臣が正式に就任したものとされているのだと思います。その総理任命の儀式は、親任式と称され、天皇陛下から任命する旨のお言葉があった後,前内閣総理大臣から官記(任命書)が伝達されるプロセスのなっていますが、この場面はTV中継されています。そこには、衆参の議長が、立ち合い、*それを、侍立というそうです。

 その 侍立 していた当事者の山東昭子参議院議長が、自分が主催していた会(山東昭子 特別セミナー)に戻り、セミナーの終了直前に、自席に着席し、講演終了後、御礼挨拶を持って、終了しました。*(会は、飲み物も一切排した講演セミナーの形式で入場者数を限定した、間隔を置いた着席式の会)会の出席者にとっては、自分が出席した会の主催者(山東昭子参議院議長)が皇居に赴き、 親任式 という天皇陛下が主催者となって行われる最重要な国事の式に出席し、そこから直行しての場面であったことに相当数の人が感動していました。(以下、続報します)

 続報では、この会の内容、来賓挨拶の麻生太郎自民党副総裁、司会者の土田 慎氏=東京都第13選挙区支部(足立区)支部長予定候補者のことを記載予定です。

  #天皇陛下,#菅内閣が総辞職,#首相指名選挙,#親任式,#総理任命の儀式,#衆参議長,#山東昭子参議院議長,#吉田つとむ,#特別セミナー,
吉田つとむHP         都議会議員候補(落選)吉田つとむのブログ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました