3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

過去各種選挙に14回立候補し、7勝7敗する。直近の令和3年都議選に出て、6位落選。平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

水管橋崩落事故と復旧2021.10.22

用語の説明
町田市内で撮影

 

 先日、関東地方を襲った震度5強の地震では、「水管橋」というものの一部が破損し、一般家庭などに水道水を何日も送ることができない事態を生じた事故がありました。
 昔、私が土木資材販売会社に務めていた時、その「水菅橋」を一度販売したことがあります。当初、施工材料として大量の「塩化ビニール菅」を受注しましたが、そのメーカー社員が、「川をまたぐ区間は、もっと強度が高い水管橋にすべきだ」と提案してくれました。設計変更が必要でしたが、役所はその提案を受け入れ、その区間は、鋳物製の「水菅橋」に変更になりました。その「水菅橋」は専門メーカーが設計と製作を担当して、無事に現場設置納品ができました。この会社に在職中で、私が販売した単一物件の中で最も高額な受注物件であり、大きな設計変更が伴うことで印象に残る出来事でした。

町田市と大和市の間にある、境川をまたいだ巨大な口径の水管橋


 今回の「水管橋」の崩落事故ニュースを見て、工事の設計、部材の選定に細心の注意が必要なことを再認識しました。

  #関東地方,#震度5強の地震,#水管橋,#土木資材販売会社,#塩化ビニール菅,#設計変更,#現場設置納品,#崩落事故ニュース,#前町田市議会議員,#吉田つとむ,
  吉田つとむHP         前町田市議会議員 吉田つとむのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました