3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

南多摩斎場組合議会が開かれ、給与関係で反対討論2020.01.31

市政の動向と議会発言・態度・視察

南多摩斎場組合議会が開かれ、職員給与関係を管理者(石阪町田市長)が専決処分をしたものが報告第1号として提案されました。町田市議会で職員給与の引き上げとなるものであり、所属の委員会において反対討論したものであり、2020.01.31この場でも、質疑を行った上で、反対討論し、反対しました。賛成は起立採決になっています。

 質疑では、5市で構成しているが、町田市以外の他市ではどうなっているかを尋ねました。答弁では、 南多摩斎場組合は町田市に準じている。町田市はそれ同様の扱いがこの間に行われたというものでした。 民間の給与に関して、区部と市域では民間ではだいぶ異なっており、独自の調査をしなかったのかを尋ねました。 また、町田市の場合、 東京都の人事委員会に勧告に対応しているというもで、他市は独自の調査をやることなく、値上げを決めていました。

 討論では、反対討論を行うとまず述べた上で、対象区域では民間給与調査が行われいないことに合わせ、非正規職員の処遇が変わらず、これでは格差を一層助長することになるので反対すると述べました。その他に討論はなく、採決で提案のものが支持されました。

 他に、補正予算案、来年度の一般会計予算が提出され、後者では幾人もが質疑を行いました。私は、公課費に、公用車重量税が0円となっていることが気になり、それはなぜかと尋ねました。答弁では、来期は購入予定が無いこと、また、現在購入するものはエコカー減税対象車になっていることも加えて説明がありました。異議なしの採決で決しました。 #南多摩斎場組合議会,#職員給与関係,#管理者(石阪町田市長),#専決処分,#反対討論,#東京都の人事委員会,#町田市議会議員,#吉田つとむ,#予算案,

コメント

タイトルとURLをコピーしました