3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

直近の平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。過去各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

観光クルーズ船の感染者がやはり急増した、まだまだ今後も増える可能性がある20200211

町田市・東京都・日本
搭乗したジェット機から、海上のクルーゼ船を撮影2019.2.6宮古島視察時に吉田が撮影

 やはり、 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」 では新たな新型コロナウイルスの感染者が見つかりました。それもこれまでの感染者数と並ぶ人数が一挙に増加しました。この日の発表で、このクルーズ船の感染者数は乗客、乗員 135人となったと言われています。この人数を日本国内の感染者数と見れば自然ですが、トリックを使ってこの数字を日本国内の 感染者数 としてカウントさせたくないという極めて政治判断が働ており、この方々は気の毒な置かれています。、

 前には、次の記事を書いています。新型コロナウイルス拡大か?肺炎患者の増加傾向2020.2.9
 私に限らず、多くが危惧した通りで、船上で待機された 乗客、乗員 の中から新しい感染者が見つかった、それも、発熱などの兆候があった人を調べた結果の数字であり、まだ、検査を行っていない残りの数千人の中に、まだまだ 感染者 があるでしょうし、海上のクルーズ船に閉じ込められ続けていることで感染者が増大することは確実と言えるでしょう。

 今回、武漢の、中国の当局の 新型コロナウイルスの感染者 に対する医療対応が劣っていると冷ややかに見ていたのが日本の現状だったと思いますが、1000万人以上の武漢市の医療対応、感染拡大防止の対応を批判して、わずか3000人の クルーズ船 での 新型コロナウイルスの感染者 (防止)対応 が劣っていた日本の在り方を見直さない手段はないと思います。つまり、感染の疑いが濃厚な人のみを検診し、それ以外は放置したつけが回ってきているといえるでしょう。

 誰しも権力者は自国を流行病の感染国扱いはされたくないものです。とりわけ、日本は観光立国をうたい、4000万人規模の観光入国者数を目指しています。今後もその方針を放棄することは国の反映を維持するには必須のことでしょう。現状のやり方だと、外国人観光客にとって日本は優しい国ではなく、日本来訪を避けたくなるのではないでしょうか。今後も、日本が(医療、公衆衛生を含めて)先進国の立場を取るのであれば、人道支援の旗を優先すべき対応が求めれると思っています。 #クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」,#新型コロナウイルス,#感染者,#観光立国,#観光入国者数,#人道支援の旗,#武漢,#町田市議会議員,#吉田つとむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました