3期連続TOP当選 吉田つとむとは?

過去各種選挙に14回立候補し、7勝7敗する。直近の令和3年都議選に出て、6位落選。平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選。個別対応形式のインターンシップが好評で若者育成を図る。自民党を排除された後、現在まで完全無所属、支持政党なし。6期目に議長も務めて改選し、町田市議選史上最高票を獲得。議会内では「保守の会」に参画。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。零細企業営業マンを務め、政治経験が長い。ネット関係の著作、講演もある。

ビジュアルサイト

若者党への具体的なメッセージ2021.10.24

政治問題
ティータイム

 

 まだ高校生が政治団体を作っています。すでに18歳から選挙権があるし、かつ、政治活動の年齢制限はないはずです。政治参加、選挙に関心が深く、いろんなところに顔出ししている人物です。ただし、日本は同調圧力が強く、難しさもあったようですが、今回の衆議院議員選挙では、推薦の候補があるようで注目したいと思います。若者党(党首 西田悠真さん)

 私は、彼が中学時代からネットでも幅広く展開していたので、お互いに交流してきました。彼が被選挙権を持つには、まだまだ時間がかかりますが、彼が(政党に準じた)政治団体を作り、その公認候補は出すことはさほど難しいくは無いのではないかと思いますが、実際にその公認第一号となるのは、なかなか迷うところもあるものでしょう。もちろん、私が手をあげる世代ではありませんが、関心を持つものです。そこで、次のメッセージを送りました。

 西田悠真さん ぜひ、若者党が挑戦者を探して見てみてください。町田市議選で、若者党の公認第一号を出してください。そうして、見事当選者を出してください。
ただし、きちんと選挙運動をやり切って、まじめな政治家を誕生させてください。3か月ぎりぎりで引っ越すような人物ではなく、日ごろの生活や夢から生まれてくる政治家が登場してほしいです。
昔、中学生が私に向って、「大きくなったら、あなたに挑戦します!」と言ってきましたので、「ぜひ、私に挑んでくれ!」と返したことがあります。その中学生も立派に被選挙権がある世代になっていると思います。

 以下のことは、以前に、西田さんにお伝えした内容です。
 町田市は、選挙の実施時期もあって、政党の初当選者が出るケースがあります。みんなの党、結いの党が自前の所属候補の当選者を出しています。ただし、それらの政党自体は解散、消滅しています。

 若者党が、自前の候補を出すのは、時期的に町田市が一番ふさわしいでしょう。そして、西田さんにとっては、自分が被選挙権が無い年齢で、人を押し上げた人物として存在することになります。頼もしいあり様だと思うます。気が満ちていると思うのは、私だけでしょうか。

 #若者党,#衆議院議員選挙,#町田市議選公認候補,#みんなの党,#結いの党,#吉田つとむ,#被選挙権が無い年齢,#当選者,#選挙運動,#政党の初当選者,
   吉田つとむHP         前町田市議会議員 吉田つとむのブログ用語の説明

コメント

  1. yoshidabenyoshidaben より:

    若者党の記事に関して、ツイッターなどに多数のコメントをいただきました。改めて、関心が深いことがわかりました。有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました